リノベーション・新築事例

共働きにうれしい大収納と家事動線、太陽光発電のエコ住宅

共働きファミリーが
のびやかに暮らせる住まい

K様ファミリーは、共働きで現在、3歳と1歳のお子さまがいらっしゃいます。上のお子さまの出産を前に、当社へご相談に来られました。前の住まいはアパートで、仕事で帰宅が遅くなりシャワーを浴びる音だけでも下の階からクレームが来るのが悩みだったといいます。子どもはのびのびと育てたい、そういった思いからの一戸建てでした。

木の質感にあふれる
ナチュラルな室内空間

K様が希望されたのは、木を使ったナチュラルテイストで健康的な家。無垢のフローリングに木質壁で、柔らかな印象を出しました。「子どもたちは家の中を跳び回っていますし、ケンカをしていても大丈夫です」とK様。お子さまたちがリビングで遊ぶ一方で、ご主人や奥さまはダイニングテーブルで持ち帰った仕事の作業をすることもあるそうです。

大収納とスムーズな動線で
家事の負担をラクに

「収納が多くてたくさん入るのはとても助かっています」とKさまご夫妻。日ごろからお忙しいご夫妻のために、必要な場所に少し大きめの収納を配置しました。玄関にはさっと出してしまえる大きなシューズクローク、キッチンの隣にはウォークインの広いパントリーを設けました。買い物やお洗濯などの家事をしやすい動線も「家事がラクになった」と気に入っていただきました。前のお住まいが当社の近くだったこともあり、ご来店いただいての打ち合わせもスムーズに進みました。

高性能でランニングコストに
優れたエコ住宅

家づくりに当たっては、断熱性能が高く光熱費がかからない、太陽光発電のエコ住宅を考えられていたK様。会社選びでは、当社が高断熱・高気密住宅を推し進めてきた(一社)新住協のマスター会員ということで、信頼いただきました。K様には女性設計士による設計プランとともに、断熱・気密性能を表すQ値とC値、さらに年間でかかる光熱費を試算してご説明しました。

補助金も活用して
健康で快適に暮らせる家を

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)住宅や札幌市の次世代住宅基準など、国や自治体からいくつかの補助金も用意されています。リビングワークはオーナーさまのご負担を軽減できるように、こうしたご提案もさせていただいております。エアコン1台で家を温めるK様邸も国土交通省の先導化事業(省CO2先導事業)に採択され、補助金を活用できたのもうれしいとご夫妻からご感想をいただいています。

Q値(熱損失係数):0.85W/m2K C値(気密性能):0.71cm2/m2