リノベーション・新築事例

三世代同居から、プライバシーを尊重した完全分離の二世帯へ

自分らしいライフスタイルを求めて、二世帯の選択

玄関から水回りまで完全に分離したMさまの二世帯住宅です。左側の親世帯、右側の息子さま世帯の写真とも、それぞれの好みを反映させました。二世帯住宅へのリフォームを決意されたきっかけは、お孫さまの成長による生活リズムの変化で食事や入浴時間などが合わなくなってきたこと、趣味やくつろぎのスペースを確保したいことが理由です。お互いのライフスタイルを尊重するためにも、玄関や水回りを二つ設けた完全分離の二世帯住宅に決定しました。

親世帯はナチュラルテイスト、
趣味のコーナーも

1階はMさまご夫妻の居住スペースに。リビングには、音楽鑑賞が趣味というMさまのオーディオコーナーを設けました。ご自慢のコレクションを並べたコーナーの壁は、無塗装の杉の無垢材を使用。床も無垢フローリングで、部屋全体がナチュラルな風合いに仕上がっています。地産地消に関心を持つMさまは、環境問題に早くから注目し家づくりに反映してきた当社の姿勢にも共感したことを話してくださいました。

フローリングと琉球畳を
組み合わせたモダンな和室

こちらも1階にある、無垢床と琉球畳を組み合わせたモダンな和室。和紙や竹、貝化石などの自然素材をふんだんに使用、部屋に入ると心が穏やかになる癒しのスペースになりました。和室の先にはサンルームもあり、日差しがたっぷりと差し込む快適な空間です。

子世帯はモダンスタイル、
のびのびと子育てを楽しむ

2階は息子さま世帯の居住スペース。四つある部屋のうち一室分をユーティリティや浴室、トイレに改修し、さらに玄関とLDKを増設しました。キッチンからはリビング全体が見渡せる造りで、奥さまは家事をしている間にもご主人やお子さまたちとの時間を共有できます。基本は白い壁に、黒い造作家具やドアを配したモダンな空間。元気いっぱいのお孫さまの立てる音が階下に響かないように、床は防音施工にしました。

新築と間違えられるほど
外観もスタイリッシュに

外観は、ガルバリウムなどを用いて以前よりもスタイリッシュに。「新築したの?」と周りから言われるほどにイメージチェンジしたお宅で、「気分も新たに生活を始められました」と柔らかな表情で話すMさま。二つの世帯が程よい距離感で暮らせる理想の住宅で、一家の新しい歴史が始まっています。

 

AFTER

BEFORE