WORKS

遊び心いっぱい、こだわりの2階建ての家

遊具や広い遊び場がある大きな公園を窓から望む、住宅街の一角。ここに建つMさん一家の新居は、シンプルな外観からは想像がつかないほど、遊び心いっぱいで楽しく、こだわりが詰まった住まいです。

 

ご主人様は家づくりのきっかけについて「以前はマンションに住んでいたのですが、遊び盛りの子どもたちが家の中を走り回り、周囲に迷惑がかかってしまうことが気になっていたんです。そこで子どもが小学校に上がる前に家を建てたいと思い、土地を探しました」と話していただきました。

 

シンプルなネイビーのガルバリウム鋼板張りの外観。白砂利と木を敷き込んだアプローチが玄関へと続きます。

 

玄関とLDKの間の引き戸は、中の様子がさりげなくうかがえるすりガラスに。土間右手には家族用のシューズクローゼットを配置しました。

 

紆余曲折の土地探しと並行して、家づくりの勉強と工務店探しも行いました。そんな中、以前から「この家ステキだなあ~」と思っていたお宅が、偶然ママ友の家であることが判明。中を見せてもらい「同じところで建てたい!」と行き着いたのがリビングワークでした。「モデルハウスなどを見に行って『こういう家にしたい』と相談しても『難しい』といわれて、希望を実現するのを諦めかけたこともありました。でもせっかく家を建てるなら妥協はしたくなくて…。そんな中、リビングワークの三好さんは、どうしたらいいかを常に一緒に考えてくれて、信頼できると感じました」と奥様から嬉しいお言葉をいただきました。

 

まるでカフェのような雰囲気のダイニングキッチンに、階段下の隠れ家スペース。遊び心とセンスが光るLDKです。

 

LDKに入るとすぐ目の前に広がるダイニング・キッチンはカフェ風にコーディネート。キッチンカウンターの側面には無垢板を張り、サブウェイタイル風のクロスで仕上げたキッチンの背面収納には、ブラックで統一した家電を置いています。またダイニングテーブルは、キッチンの雰囲気に合わせて造作しました。統一感があって心地いい家族の団らんの場となっています。

このほか1階には、キッチン奥のワークスペース→ユーティリティ→ダイニングと回遊できる便利な動線やハンモックのあるリビング、階段下の小部屋など、日常生活を快適に楽しくする工夫が、さまざまなところに散りばめられています。

キッチンカウンターの側面は床と同じ無垢板張りで仕上げた。ダイニングの左にはお子さんたちの学習スペースがあります。

 

キッチンの奥にはパントリー兼ワークスペースを作り、左のドアからはユーティリティにつながる回遊動線になっています。

 

ダイニングの隣に配した学習スペースは、2本の柱でほどよく目隠しして集中しやすく、将来は書斎スペースなどにも転用できるフリーな空間です。

 

家族が最も多く過ごすリビングには、ハンモックを吊るせるよう設計。あらかじめ天井を補強して120kg位まで耐えられる強度を持たせました。

 

外国映画に出てくる秘密の部屋のような階段下の小部屋は、お子さんたちが大好きな場所になりそうです。

 

2階も奥様のこだわりが発揮されています。2つの子ども部屋は、個性的なクロス使いが目を引く内装で、共有のクローゼットでつながる設計。寝室のウォークインクローゼットは海外のブティックをイメージしたゴージャスな壁紙を採用しました。要所要所でインテリアの重要なアクセントになるデザイン照明やカーテンが、プランの予算内で選べたのも魅力だったといいます。

吹き抜け部分の天井は木調のクロスで仕上げ、2階の踊り場にはデザイン照明を付け、夜には外から灯りが見えてきれいです。

 

白を基調にしつつも大胆なクロスづかいが印象的な子ども部屋。もう一方の子ども部屋も統一感をもたせつつ、アシンメトリーに仕上げました。

 

2つの子ども部屋は共有のクローゼットでつながっている。洋服の貸し借りなど姉妹だからこそできるお楽しみもありそうですね。

 

ご主人様は、リビングの大きなビーズクッションに寝転んで、吹き抜けの窓から星空を見上げながらビールを飲むのが、この家での最高の楽しみだそうです。

お問い合わせ

資料請求や住まいのご相談はこちらから

お問い合わせ

営業時間 / AM8:30~PM6:00 定休日 / 水曜日

メールでお問い合わせ