リノベーション・新築事例

パッシブデザインで環境と家計に優しいエコ住宅

国内最高基準の「北方型住宅ECO」に認定

北海道が推し進める国内最高基準の高断熱住宅「北方型住宅ECO」をクリアしたうえで、それにとどまらず断熱性能をさらに高めたパッシブデザイン住宅です。

床下暖房と熱交換率90%を誇るドイツ製の熱交換換気システムを採り入れ、環境にやさしく月々の光熱費も大幅にダウン。豊富な経験を持つ建築施工管理技士による施工品質、女性建築士による細やかな配慮とデザイン性を加味したご提案もご評価をいただいています。

大きな吹き抜けに
自然素材を使った安らぎの家

入った瞬間からほどよい温度で居心地の良さを感じるシンプルモダンの室内。南向きの窓から光が降り注ぐ明るいリビングは、大きな吹き抜けがポイント。壁や天井は湿度を調整する効果がある珪藻土塗り、無垢材のフロアと自然素材を使って安らぎを感じさせる空間になりました。

パッシブの特性を生かす、
開放感あふれるデザイン

オブジェのようにデザイン性の高いオープン階段は、踏み板の奥行きを広くして勾配も緩やかにしました。スケルトンなので圧迫感もなく、室内の開放感をじゃますることもありません。階段下もゆったりと取り、インテリア小物でおしゃれな演出もできます。

女性建築士ならではの
使いやすいキッチン設計

暮らしやすさや家事の快適性も重視しました。オープン式のカウンターキッチンは、料理などを運ぶときも便利。キッチンの背面収納は収納力もたっぷりです。Mさまご夫妻からは、「リビングワークさんはアットホームな会社なので、いろいろ融通も利いてうれしかったです」とお話しいただきました。

環境にも負荷をかけず
住まう人もストレスフリー

2階はあえて間仕切りを設けず、フレキシブルな空間に。デスク代わりになるカウンタースペースも造作しています。疲れたときは、隣の和室でゴロリと寝転がることもできます。Q値0.85、C値0.7を誇る高気密・高断熱なので、このように開放的なつくりでも家じゅうが程よい暖かさ。温度のムラを感じることもありません。地球温暖化が進み国の政策でもZEHへの流れが進んでいる今、いち早く省エネ住宅に取り込んできた当社では、高性能住宅で補助金を受けるメリットもお客さまにお伝えしています。

Q値(熱損失係数):0.85W/m2・K   C値(気密性能):0.7cm2/m2