WORKS

IoTと薪ストーブで、スローライフを楽しむ家

転勤族のSさんですが、地元札幌に転属となった今が家を建てるチャンス!と土地探しを始めたなかで、地元の土地情報に強いリビングワークに紹介されたのが、閑静な住宅街にあって南西向きというこの土地でした。

好条件にも関わらず、価格は想定の予算内。まだ工務店も決まっていなかったため、さっそくリビングワークのオープンハウスに出かけたところ、契約前にも関わらず、担当の三好さんが土地探しのコツや具体的な家づくりのポイントなどを親身になって教えてくれました。

「家自体も木のぬくもりがあふれる雰囲気で気に入りましたが、なんといっても三好さんの人柄に惹かれました。技術的にも住宅性能の数値をきちんとホームページで公開するなど、信頼できる工務店だと思いました」とご夫妻そろって意見が一致して依頼。家づくりが始まりました。

 

青空に白が映えるすっきりとしたフォルムの外観。玄関部分は軒先を伸ばして薪棚スペースを確保。屋根付きなので冬の備えも万全です。

 

横幅も奥行きも広い玄関。奥に設けたシューズクローゼットは収納力たっぷりで便利。

 

玄関からLDKへの動線。前の家では眠っていたピアノはサイズを測り、階段下に居場所を得て活躍しています。

 

Sさんがぜひにと希望したのは薪ストーブ。薪の燃える様子を眺めて癒やされたり、遠赤外線の暖かさを感じたりしたいとの想いがあったといいます。ただ主暖房というよりは補助暖房としての導入でしたので、パネルヒーターや床暖房も完備しています。

アナログな薪ストーブのある暮らしを楽しむ一方で、設備機器に詳しいSさんが以前から使っていた「IoT(Internet of Things)」技術も採用。センサーや通信機器、タイマーなどを駆使した最先端の設備を取り入れて、住まいの利便性を向上させています。

「例えば外出していて少し帰りが遅くなるときでも、18時半になると自動的にブラインドが閉まる設定にしたり、アレクサで照明やブラインド操作をできるようにしたりと、IoTに必要な電源や配線を設計段階から細かく打ち合わせました」とSさん。

リビングワークとしても初の試みでしたが、きめ細かな打ち合わせを重ね、Sさん自らが図面を引くなどして、お互いにアイデアを出し合いながらつくり上げていきました。

 

キッチンから見渡せるLDK。希望したリビング階段は透かし階段で軽やかな印象を与えています。

 

リビングの吹き抜け部分に設置した薪ストーブはデンマーク製。スタイリッシュでインテリア性も高い。その奥に見える小上がりの和室は、お子さんの遊び場や客間など多目的に使えます。

 

大きな窓が設けられたリビングは、光が降り注ぐ明るく開放的な空間。アレクサで照明やブラインド操作をできるなどIoTをとり入れた最先端の仕様に。

 

全体的にはペニンシュラの奥行きのある広いキッチンや造作カウンター、可動式の飾り棚など、要所要所に木を用いて落ち着いた雰囲気に。玄関土間を広く取り、趣味の自転車を格納できるようにするなど、ご夫妻の細かな要望もひとつひとつ丁寧に叶えられています。
「こういう暮らしがしたいな、というのがはっきりしていたので、それをどんどんぶつけて、無駄なところを削っていった感じです。完成して暮らしてみると、思い描いた暮らしができるのはもちろん、動線が本当にスムーズで、抜群に住み心地が良いですね」と奥さんも大満足の評価です。

 

LDKのカウンターや、棚の位置が変えられる壁面の飾り棚、AVボードは造作して統一感を持たせています。

 

通路の幅が広くて使いやすいキッチン。勝手口のすぐ外に物置を設置し、物の出し入れがラクにできる。またキッチンの近くには階段下のデッドスペースを利用して、玄関側とキッチン側の両サイドから使える大容量の食品庫も完備。

 

玄関ホールからユーティリティ、キッチン、LDKが回遊式に設計されていて生活動線がスムーズ。

 

2階のフリースペースにはカウンターを造作。ご主人のテレワークにも活用。

 

将来子ども部屋を2つに分けられるよう、L字型の大部屋にドアを2カ所設けています。

 

今後はDIYで本棚やBBQができるウッドデッキを設けたり、庭を整備したり、冬は薪ストーブで料理のレパートリーを増やしたりしたいと、おうち時間の充実に意欲的。お楽しみが尽きないSさん一家です。

 

UA値(外皮平均熱貫流率):0.37W/m2K   C値(気密性能):0.7cm2/m2

お問い合わせ

資料請求や住まいのご相談はこちらから

お問い合わせ

営業時間 / AM8:30~PM6:00 定休日 / 水曜日

メールでお問い合わせ