リノベーション・新築事例

定年後も見すえたシニアライフを楽しむ家

バリアフリーの暖かい家でゆっくり過ごしたい

建売住宅を購入されて23年。3人のお子さまも巣立ち、1年後にはご主人が定年。家で過ごす時間が長くなることや、以前に比べて寒く感じるようになっこともあり、リフォームのご依頼をいただきました。

「暖かくなることが一番で、あとは将来を考えて、1階だけで生活ができるように和室を洋室に変えて、バリアフリーにできればと思いました」とご主人。

「一生懸命に働いてきて、やっとゆっくりできるのに『「家が寒い』というのではね。のんびりゆったり安心して暮らせる家にしたかったんですと奥さま。

雑誌で見て、大手を含めた何社かの名前が頭にインプットされていたご夫妻。後日、足を運んだリフォームフェアで、雑誌で見て気になっていた弊社を見つけていただきました。

大枠の構想を練って、細部は定年後にゆっくり吟味

全部で3社に相談されましたが、プランや人柄など価値観が一番合ったと弊社をご指名いただきました。工事は定年後と決めておられたため、じっくり1年かけて計画しました。

和室の洋室化とキッチンを広くしたくらいで、大きな間取りの変更はありません。一方で断熱性能を引き上げるため、断熱・気密工事をすべてやり直しました。

内装や設備については、何度かショールーム見学に同行させていただき、インテリアコーディネーターがサポートしました。

奥さま「壁のクロスなどを小さなサンプルで見ても、仕上がりが想像できないというか。広い面積に貼ったらうるさくなるんじゃないかとか、私一人だったら迷うばっかりだったと思います」。ご主人には「プロのアドバイスはとても助かりました。ダイニングのアクセントウォールやタイル使いなど、要所にアドバイスが効いています」と評価いただくことができました。

 

この先チャンスはないかも、と2階もリフォーム

当初は1階だけリフォームする予定でしたが、2階も内装を中心に手を掛けることになりました。子供部屋の1部屋はご主人の書斎にし、大きかった窓を寒さ対策から3分の2ほどに縮小して床はカーペットに。寝室にはクローゼットを造作し、床と壁を新しくしました。

「家に居る時間が長くなるので、私が1階で、夫が2階というように、それぞれの居場所を設けておくことも大切ですね」と奥さま。

晴れた日は庭で草花や畑を楽しみ、雨の日は部屋で読書。時間に追い立てられずにゆったり過ごす、晴耕雨読の暮らしがこれから始まります。

AFTER

BEFORE