WORKS

平屋に減築・ふたりで暮らす家

これからのお二人の暮らしを
考えたシニア世代のリノベーション

38年前にご新築されたご自宅は、大きな片流れの屋根で、毎冬の雪処理が大変でした。

さらに外壁もメンテナンスの必要な時期に来ていたことから、リフォームをご検討されていました。

そんなA様ご夫婦との出会いは、春の完成住宅見学会に来ていただいたことがご縁で、その後、構造見学会も見ていただき、当社の家づくりに対する考え方や性能などを知っていただいておりました。

お話をお伺いする中で、お二人のお子様が独立後は2階をあまり使われていないこと、雪処理に困らない屋根に変えたいというご意向から、屋根形状を変える際に平屋に減築し、コンパクトにすることで抑えられる費用で、冬あたたかくするための断熱・気密性能にかけ、後々のメンテナンスも楽で、毎年の光熱費も抑えられる方法をご提案させていただきました。

 

平屋に減築してコンパクトに
リノベーション

↓ before外観

 

↓ after外観

さらに、高性能な住宅にすることで、国土交通省 長期優良住宅化リフォームの認定を受けられ、補助金を活用できるというメリットについてもご説明させていただきました。

A様ご夫婦には、平屋に減築するプランや性能面なども気に入っていただき、当社にご依頼いただけることとなりました。

 

やってみたいことを
大胆にチャレンジ

A様はこれまでインテリアに関して、無難な壁紙やデザインを選ぶことが多かったそうです。

今回、リノベーションするにあたり、折角こんなに大きく変えられる機会なので

やってみたかったことを大胆にチャレンジしよう!という気持ちで壁紙などのインテリアを決めたそうです。

完成したお宅をご覧になったA様ご夫婦は、お二人ともとても満足のいくものになり、挑戦して良かった、という気持ちになられたそうです。

 

リビングは天井までのハイドア
すっきりとした印象に

リビングに入れる予定のソファーは、家具屋さんにオーダーメードで製作してもらったオリジナルで、その4人掛けソファーは、長さが2m30cmと、とても大きなものでした。

そのため、当初予定していた居間のドアからは入りきれないことがわかり、設計変更する必要が出てきました。

すでに施工済みの居間の窓を外枠からはずして工事中に入れようか(後から出せなくなりますが・・・)、居間のドアを天井までのものに変更しようか、このソファーをやめようか・・・

いろいろと検討した結果、居間のドアを天井いっぱいまで高くする方法にされました。

完成したリビングを見てA様ご夫婦は、「一時はどうしようかと迷ったけど、ソファーがきっかけでドアを変更したことが逆に良かったね」

「天井までのハイドアは高級感もあり、これにして良かった」と話されていました。

 

インテリアコーディネートをする際に、どの様な色を選ぶのかはとても重要です。

A様ご夫婦は、奥様はオレンジ、旦那様はグリーンがお好きで、要所要所にお好きな色を配色されています。

システムキッチンや浴室、トイレ、建具など、内装を決める際に様々なショールームを訪れ、実際に確認しながら選んでいきます。

 

奥様はキッチンのショールームに行かれた際、ショールームのインテリアに惚れ込まれ、既成のカップボートや吊戸棚はやめて、オリジナルの造作棚にされました。

 

ディズニーがお好きな奥様。

住まいの設備や建材にもディズニーのシリーズがあることを知り、

トイレのドアをミッキーの形のガラス入りのものを選ばれました。

A様のお宅に客間はありません。

年に数回帰省されるお子様用に予備の部屋を作るのではなく、毎日ここで生活する自分達の暮らしを大切にする生活をしたい、と、個室はご夫婦のもののみの間取りにされました。

 

UA値(外皮平均熱貫流率):027 W/m2K   C値(気密性能):0.6cm2/m2

 

AFTER

BEFORE

お問い合わせ

資料請求や住まいのご相談はこちらから

お問い合わせ

営業時間 / AM8:30~PM6:00 定休日 / 水曜日

メールでお問い合わせ