リノベーション・新築事例

築30年のブロック住宅が、広く北欧風に変身

愛着のある我が家をリノベーションで快適に

50代のS様が約30年慣れ親しんだお住まいは、三角屋根のブロック住宅でした。リノベーションを考えておられましたが、ブロック住宅だと難しいとどの会社にも断られてばかり。ブロック住宅のリフォームも豊富に手掛けていた当社をやっとのことで見つけられたそうです。

使いづらい和室をなくして開放的なLDKへ

リビングワークでは、建物構造を生かしながら断熱材を入れ替え、暖房をセントラルヒーティングに変更。間取りは、1階に2つあった和室とキッチンの壁を取りはらって、開放的なリビング・ダイニングにしました。室内には明るい色のパイン材を張り木の温もりがあふれる欧風の空間に仕上がっています。リビングのウッドデッキからはガーデンにも出ることができ、緩やかに内と外をつないでいます。

動きやすく快適なキッチン、ユーティリティー

コの字型になった動きやすいキッチン。ご趣味がガーデニングという奥さまのために、キッチンからガーデンの草花が見えるように窓を設計しました。カウンターの下には家電や食品が置ける棚を造作するなど、収納スペースを多く設けています。ご不満のあったお風呂の狭さは、キッチンからつながるユーティリティーの先に、1.25坪の浴室を新たに増設しました。水回りもゆったりと広く、使いやすくなったとご好評をいただいています。

三角屋根で狭かった2階が大幅スペースアップ

2階は、それまで大きな三角屋根のために2つの洋室のみという間取りでしたが、今回のリノベーションで総2階に。クローゼット付きゲストルーム2室に加えて、ウォークインクローゼット付きの広い寝室も確保しました。

50代の今だからこそ、納得いく家づくりができた


リビングの一角には、パソコンデスクと愛犬のハウスを造作しています。スペースを有効活用したニッチや造作の棚には、センスあふれる奥さまの素敵なディスプレイが。子育ても終わり、お二人の暮らしをこれから楽しむS様ご夫婦。「納得いく家づくりにリビングワークさんはとことん付き合ってくださいました。何度も打ち合わせをしたり、ショールームに行ったりするのは体力も気力も必要なので、50代のいまリノベーションをして本当に良かったと思っています」そうおっしゃっていただけました。

AFTER

BEFORE