リノベーション・新築事例

子育て後の、アクティブシニアのリノベーション

気になる仕切り壁を撤去し、広々としたリビング・ダイニングに

築25年のUさま邸で、奥さまがどうしても気になっていたもの。それは、リビングとダイニングの間にある仕切り壁でした。

「この壁を取ることができなければ、建て替えよう」とまで考えていたそうです。当社の構造見学会に参加していただいた後、相談会にも来られた奥さまは、ほかにも数社の候補があったそうですが「以前にも、同じような住宅を手がけたことがありますよ」という言葉が心強く、依頼を決められたそうです。さらに「壁を取り外せることと、こちらの希望をすぐプランにしてくれるといった対応の早さがポイントでした」と奥さま。

視界が広がる快適なリビング・ダイニングが実現

仕切り壁を撤去したため、それまで閉塞感のあったキッチンからはさえぎるものがなくなり、すっきりとした空間に。リビングまでを見通せるようになりました。キッチンカウンターも、壁付けのものから対面式に変更。「視界が広くなり、まさに思い描いていた感じ」と奥さまに評価いただきました。

一つ一つの部屋をゆとりある空間にカスタマイズ

以前の2階にあった和室の奥には小屋裏がありましたが、小屋裏も一体の広い来客用スペースにして、フローリングと琉球畳を採用した和風モダンの空間に変えました。独立したお子さんの部屋は、クローゼット付きの広い一室にして、奥さまの趣味の部屋に。子育てを終えたお二人の暮らしを楽しむための、ゆとりを持った間取り設計になっています。

これまでの不満をなくした、快適な住まい

それまであった引き戸をなくしたことで閉塞感がなくなり、奥行きが感じられるようになった玄関ホール。Uさま邸では、日常生活でストレスになっていた細かい部分にも手を入れて、満足度の高い家を実現しました。例えば、ドア同士のぶつかり合う箇所を解消したり、造り直した階段は、玄関ホール側に腰上の高さの壁があった部分を木の手すりに変えたこと。今ではご夫妻のお気に入りになっています。

「無理だろうと思っていたところも希望がかない、サプライズの連続でした」と奥さま。シンプルですっきりと暮らせる、これからの生活を応援する家です。

AFTER

BEFORE