リノベーション・新築事例

全国リフォームコンテスト受賞。車イスで動きやすいバリアフリーの住まい

中古マンションをアイデアあふれる車イス対応に

道東在住のHさまが、札幌で暮らすお母さまのために築30年の中古マンションを購入、当社にリフォームのご依頼をいただきました。それまで2LDKだった間取りを、車イスでも動きやすい広々としたワンルームにリノベーション。右側の寝室とリビングは造作収納で一部を仕切っただけのオープンな造りです。こういった設計に高い評価をいただき、Hさま邸は第14回リフォームデザインコンテストの全国大会で、バリアフリー部門の全国優秀賞を受賞しました。

床をフラットにした分、梁を見せて高さと開放感を確保

床は、段差のないバリアフリー仕様に。一方天井は一部を撤去して梁を見せることにより、高さと開放感を確保しました。遠距離での打ち合わせではありましたが、お母さまの暮らしや好みに合った家にするためにも、電話やFAX、メールなどを駆使して綿密な打ち合わせを行いました。

オール電化で安全・安心、部屋じゅうが暖かい空間に

キッチンはもちろん、暖房や給湯もオール電化に変更。築30年のマンションでもHさま邸の室内は全体が暖かく、お湯もたっぷり使えます。寝室には、車イスでも使いやすい専用の洗面化粧台を設置しました。

心豊かになるインテリアも大切にデザイン

手すりもついて安心なトイレ。もちろん車イスで入れます。Hさま宅はバリアフリーといった機能性だけではなく、インテリアの好みについても十分に打ち合わせをさせていただきました。

車いすで動きやすく、プライバシーも重視した豊かな住まい

段差のあった入口も、緩やかなスロープ状に変更しました。家に入ればユーティリティーの出入り口も広く、LDKと寝室は適度に目隠しをしながらも、完全に仕切らず車イスで自由に回遊できる造り。Hさまによる、お母さまへの優しさと思いやりがあふれたリフォームを、当社が手掛けさせていただいたことを、とても光栄に思っております。

AFTER

BEFORE