リノベーション・新築事例

自然光で明るい「家事楽」の家

日中も電気が必要だった家から、
光が差し込む明るい住まいに

N様ファミリーは、ご夫婦と息子さん3人の五人家族。狭かった社宅から念願のマイホームへと中古住宅を購入。北欧風のデザインで三角屋根もお気に入りでしたが、昼間でも照明をつけなければならない室内の暗さと、増築部分の部屋の寒さをなんとか解消したいと当社へ相談に来られました。

じゃまな壁が取り外せない難条件に、リフォームから新築へ

「リビングワークさんは、地域でもリフォームの実績が高いので」とN様。当社でN様の家を見せていただいたところ、採光のために取り払いたいとおっしゃる壁は、構造の安定を確保する上で抜くことが不可能なことが分かりました。さらに、増築に増築を重ねた家にはさまざまな問題も見つかり、コストが非常にかかることが判明。奥さまもたくさんの希望をお持ちだったことから、新築をご提案させていただきました。当社オーナー様の住宅をご見学いただき「施主それぞれの希望を反映した家を、きちんとつくってくれる」と信頼していただき、新築をご依頼いただきました。

新築だからできる、我が家仕様のフレキシブルなデザイン

念願の吹き抜けと大きな窓から、明るい光が部屋の奥まで差し込むリビングルーム。N様邸は、野球で泥だらけになって帰ってくる息子さんたちのために、主玄関とは別の玄関クロークを設け、そのままお風呂に直行できる動線にしました。N様も、お仕事の傍らで少年野球などの監督やコーチを務めている、いわば野球ファミリー。2階には親子でバッティング練習をするフリースペースを設けました。将来的には一つの部屋としても使えるようになっています。

家事をラクにするアイディア満載、空間も有効利用

仕事をされている奥さまは、なるべく掃除や片付けがラクな家をご希望されました。N様邸はバリアフリー仕様になっているため、「床もサーッとモップをかけるだけで済むので、とても助かっています」。

広々としたユーティリティースペースは、洗濯と物干し、家族それぞれの収納が1カ所で完結するようになっています。キッチンも動きやすいように奥行きと幅を広くデザインしました。「使いやすいですね。時々、次男がカレーを作ってくれたりもするんですよ」と奥さま。三角屋根を利用した9坪近くのロフトは、中央部分を息子さん2人のスペースに。勾配の低い部分はたっぷり収納できる納戸として利用しています。

高性能で補助金も活用、主婦目線で使いやすい住まい

「わたしは片付けがあまり得意じゃないとお話ししたら、キッチン前面の壁も工夫してくれて、リビングからキッチンの様子が見えないようにしてくれました。こちらがお願いしたことをしっかり聞いて、できるだけ取り入れるようにしてくれたのがうれしかったです」と奥さま。

N様からも、「男には分からない主婦にとっての使いやすさとか、暮らしやすさをリビングワークさんは本当に分かっているなと思いました」とおほめの言葉をいただきました。北方型住宅ECOプロジェクトの補助金も受けているN様邸。「前の家は、屋根から隣の敷地に雪が落ちてしまったり、雨漏りしたりということがあったんですが、この家は安心です。床下暖房の自然な暖かさもいいですね」。住むごとに、その良さを実感されているようです。

Q値(熱損失係数):1.29W/m2K  C値(気密性能):0.6cm2/m2