ブログ

スタッフブログ

子育て中から高齢期まで、安心なトイレの位置と数

2018.06.15

こんにちは、豊島です。

 

突然ですが、ご自宅のトイレの位置や数に、満足されていますか?

 

満足度の高い家づくりには、キッチンが使いやすい、家事が楽な動線、収納を充実させる、などなど、

さまざまなポイントがありますが、トイレの位置や数も欠かせないポイントと思います。

 

子育て中の場合、子どもがまだオムツだと気がつかないのですが、トイレトレーニングを始めると、最初は30分~1時間おきにトイレに誘い、それが2時間になり、と、頻繁にトレイに行きます。

 

パンツになってからも、大人と違い、「おしっこ行きたい」となってから出てしまうまでの時間が短く、家の中でも走って行くことがあります。さらに、寝る前、お布団に入ってから「おしっこ行きたい」と言ったり・・・。

自分も眠たい中、子どもをトイレに連れて行く場合、遠いとなかなかつらいものです・・・。

 

大人でも、年齢を重ねたり、体調によっては、夜中に頻繁にトイレに行くことがあるかと思います。

 

そういった状況でも使いやすく、いろいろな年代が使うことを考えた理想的なトイレの位置は、

寝室から行きやすく、かつ、日中長く過ごす場所(リビングやダイニング)からも行きやすいところが良いように思います。

 

平屋やマンションの場合は、配置によっては1つでも良いと思いますが、

2階建ての住宅の場合、2階に寝室、ということが多いので、2階に1つ、1階に1つあると、日中も夜も安心です。

 

△お施主様の事例(1階と2階のトイレ。壁紙を変えることで雰囲気も変わります。)

 

我が家の場合、1階は両親の寝室の横に1つ、2階に1つあります。

 

1階のトイレは、ちょっと変わった配置で、リビングダイニングから直接行ける場所にあるので、子どもが食事中やテレビを見ている時に「トイレ!」となってもすぐに行けてとても便利です。

 

トイレの横には暖房給湯器や換気システムなど、少し音の出る機械がある部屋になっているので、トイレの音はリビングダイニングには聞こえません。

 

2階は、寝室を出るとすぐにトイレがあるので、夜中も助かっています。

 

水廻りは、後からつけようと思っても、リフォーム費用がかなりかかってしまうことが多いです。

なので、ご新築やリノベーションの際には、年齢・体調などの変化といった長期に渡って暮らすことを考えて、トイレの計画もご検討ください。

お問い合わせ

資料請求や住まいのご相談はこちらから

お問い合わせ

営業時間 / AM8:30~PM6:00 定休日 / 水曜日

メールでお問い合わせ