ブログ

スタッフブログ

年齢を重ねて我が家に思うこと(照明)

2018.05.18

こんにちは、設計事務の稲場です。

 

 

私事ですが、毎日パソコンを使って仕事をしていることもあり、年々視力に自信がなくなってきており、目の老化が着々と進行している気がしています。

 

そこで最近気がついたことが、我が家の照明です。

 

我が家の住宅設計は、夫婦が20代の時で、今から30年前の住宅です。

 

その頃、「歳をとると今の自分が感じている明るさ加減が暗くなり、明るいところで読み書きするようになる」ということは、知識としてはありました。

 

いざ30年経ってみると、キッチンの手元灯は必ず使うようになり、背面カウンターに、念のため設置した手元灯も以前は「なんでこんな場所に設置したかしら」と思っていたのが、やっぱり使うようになっています。

 

たとえば、居間や台所など部屋の照明のほかに、パソコンスペースに照明を設置するとか、玄関で宅配を受け取る時印鑑を押したりする場所が予想出来たら、そんな場所も明るくなると良いです。

 

ユーティリティーにアイロンかけスペースがあるならそこにも照明を、寝際に本を読む習慣があるならそこにも照明をと、自分の生活習慣のなかで、見ることに関係する場所を思い浮かべてみてください。

 

玄関の内外や階段室が暗いとストレスを感じたり、年齢を重ねると、足元が見えにくいと危険にもなります。

 

そこに、ちょっと照明を足すことで、「なんとなく暗い」と感じることが、軽減されるかもしれないですね。

 

リタイア後の生活を快適に過ごす為のリフォームやリノベーションを考えている方は、ストレスを感じる場面を思い返してみてください。

 

お部屋に、自分が見ることに必要な明るさがあると、「老眼鏡を使わなくても大丈夫」という場面が増えるかもしれませんよね。

 

リビングワークの新築・リノベーションは、全棟長期優良住宅なので、長く、一生涯住める快適な家です。

 

これから家づくりをされる方は、暖かく、丈夫な家づくりに気を使うなかで見落としがちな「照明計画」

30年先を見越して考えていただけたらと思います。

 

お問い合わせ

資料請求や住まいのご相談はこちらから

お問い合わせ

営業時間 / AM8:30~PM6:00 定休日 / 水曜日

メールでお問い合わせ