ブログ

スタッフブログ

造作洗面台

2018.04.09

こんにちは、設計室の小谷です。

 

最近の流行なのでしょうか。

お客様からも造作の洗面台にしたいというリクエストが多く寄せられます。

今日は、いくつか事例を紹介したいと思います。

 

その前に、造作と言ってもみなさんはピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

造作というのは、既成品の出来上がった洗面台を買って取り付けるのではなく

ひとつひとつの部品を選んで組み合わせて、色々な種類の職人さんの手によって作り上げるオーダーメードの洗面台ということになります。

 

洗面ボウルと水栓を選んで、タイル貼りで仕上げた例がこちらです。

シンクもTOTOの実験用シンクで横幅も大きな洗面台です。

鏡は既成の3面鏡を使用しているので収納力はバッチリです。

 

 

そして、こちらが木のカウンターに置き形の洗面ボウルを置いた例です。

鏡は木枠をまわしてナチュラルに仕上げました。

鏡をシンプルにしたので歯ブラシなどのしまう場所がないため右側に壁に埋め込みの収納をつけました。

照明器具もブラケットでアクセントになっています。

 

 

 

そして、こちらはコラベルというタイルを使った洗面台です。

こちらはまだ施工中の写真ですが、もう少しでタイルに目地を入れて完成です。

 

 

洗面台の下に収納もつくりました。

床まで収納にせず、空間を空けたことで浮遊感もでて空間に広がりが出ました。

今回は鏡をつけなかったので、ペンダントライトを2灯、高さを変えてつけました。

ちなみにこのペンダントはシリコン製で、感触も柔らかいですが雰囲気もとてもやわらかいです。

 

 

最後に、もうひとつの造作洗面台のパターンとして、既成の洗面台の下台を使って上の鏡だけお好きなデザインのものに変えるパターンもこれから作っていく予定です。

こちらのお宅は夏に完成見学会を開催する予定ですのでぜひ見学会にいらしてください。

お待ちしていま~す!