ブログ

スタッフブログ

エアコン1台で全室暖房の家の年間光熱費

2018.01.26

こんにちは、広報のトヨシマです。

 

リビングワークが作る住宅は、新築もリノベーションも

高断熱・高気密の省エネルギー住宅です、と、お伝えしておりますが、

「では実際、光熱費はいくらくらいなの?」、と感じる方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

この度、お施主様のご好意により、年間光熱費を教えていただくことが

できました。

 

2軒とも、オール電化の住宅なので、光熱費は電気のみです。

1軒は新築、1軒はリノベーションです。

 

リビングワークのリノベーションは、もととなる古い住宅は良い部分のみ再利用、

他はすべて新しく高断熱・高気密に施工します。

 

新築は、もちろん、まっさらな状況から建てるので、しっかり高断熱・高気密に

施工します。

 

なので、新築もリノベーションも、どちらも変わらぬ高性能な住宅になります。

 

実際にいただいた光熱費は、皆様にお知らせしている通り、

新築もリノベーションも変わらない金額になっていました。

 

リノベーションの方は、昭和44年に建てられた住宅がもととなっているので

フルリノベーションすると、新築と変わらぬ性能、というのが証明されたなぁ、と

感じました。

 

家づくりを考えている多くの方が、現在はアパートやマンションに暮らしている

のではないでしょうか?

2LDKや3LDKで60~80平米(18~24坪)が平均かと思います。

 

戸建ての述べ床面積は100~115平米(30~35坪)になることが

多いです。

 

家が大きくなると光熱費も高くなるのが通常だと思いますが、

リビングワークで建てたお施主様からは、

「どの部屋もあたたかいのに、光熱費は前より下がりました」と

喜んでいただけることが多いです。

 

家づくりの時に見落としがちな住んでからの光熱費のこと、

是非、考えてみてくださいね。

 

実際の金額をお知りになりたい方は、リビングワークの家づくり相談会に

いらしてください。

設計士やコーディネーターが実際の資料をご紹介いたします。

 

建物の大きさや形状(真四角か、でこぼこしているか)や

家族数、年齢構成、暮らし方の違い、などなど、

なぜこの光熱費になったのか、というところは、

建物の性能に加え、暮らし方、という要素が含まれますことを

ご理解のうえ、ご参考までにご覧いただければと思います。

 

現在開催中の見学会はこちら>>>