ブログ

工事ブログ

断熱材の効果(SU様邸 第4回)

2019.07.04

こんにちは、工事部の鈴木です!

 

前回の第3回では骨組みの状態でしたが、ついに大工工事が大詰めとなっています。

 

室内の間仕切り壁の中に断熱材(ピンクのもの)を入れているところと入れていないところがあります。

 

 

この断熱材の役割は、断熱ではなく吸音用として主にトイレ周りや、

2Fでの音が響かないように1Fの天井裏にも入れています。

 

これは私の体験談ですが、私の部屋の隣がトイレで、

トイレットペーパーを引き出す音や水を流す音が聞こえて夜中に目を覚ます、ということがよくあります。

 

暮らしてから、やっておけばよかった!を無くすために予め適宜入れるようにしています。

 

次回、第5回では、仕上げ工事の様子をお伝えする予定です!

それではまた!

電話をする

営業時間
8:30~18:00
(メールは24時間受付しています)
定休日
毎週水曜日