ブログ

工事ブログ

ダブル断熱で暖かい家づくり

2018.02.22

こんにちは。工事部の石山です。

寒い日が続いています。

 

みなさんは外に出かけるときどんな対策をしていますか?

暖かいダウンを着たり、マフラーを巻いたり、色々な寒さ対策をして出かけると思います。

 

家づくりも同様に寒い冬を耐えられるように色々な対策をします。

 

まず、壁には断熱材を入れるのですが、断熱材の役割は、部屋の中の熱(温度)が外に逃げにくくすることと、外の温度が部屋の中に伝わりにくくするためです。

 

そのためリビングワークでは、内側(壁の中の柱と柱の間)に充填断熱と、外側に付加断熱をする

『ダブル断熱』をしています。

 

↓ 外側の付加断熱

 

↓ 内側の充填断熱(高性能断熱材)

 

家はこのような物を壁の中に入れて寒さ対策をします。

 

しかし断熱材を入れただけではほんの小さな隙間から冷たい空気が入ってきていくら断熱しても暖かくなりません。

そこで気密処理という作業があります。

 

どんな作業? とお思いのかたが多いと思います。

 

外部と内部が貫通するような場合には気密テープというもので小さな隙間をきっちり塞ぎます。

 

↓ 貫通部への気密テープ処理

 

そして、しっかり気密がとれているかどうか、リビングワークでは、第3者機関での気密測定を

全棟(新築も、リノベーションも)実施し、その測定値は、お施主様にお知らせしています。

 

まだ一部ではありますがこのように暖かい家づくりには色んな作業があります。

 

リビングワークでは構造見学会・完成住宅見学会や家づくり相談会を開催しています。

 

暖かい家づくりに興味や関心がありましたらお気軽にご参加ください。

 

現在開催中のイベントはこちら>>>

 

次回は、気密測定の様子などもご紹介します。