新築・リノベーション事例

日本海を見下ろす土地・建物がリノベーションで大変身!

小樽のグッドロケーションを最大限に生かして

立ち寄った先で偶然見つけた、「土地売ります」の看板。築30年になる家で、売り主のオーナーさんからも「もう、あの家は住めないと思いますよ」と言われていましたが、「この家を生かしたい、プランはおまかせします」と、Sさまご夫妻から当社にご依頼をいただきました。傾斜地になった高台から日本海を見渡すことができ、その下は公園というグッドロケーションを生かせるように、ご家族がくつろぐリビングは2階に配置、海側には窓を広く大きく設けています。

動きがラクラク、スマートな造作キッチン

キッチンは、お嬢さまと楽しくお料理ができるようにアイランドタイプを採用。臭いや煙の対策、そしてリビングからの目隠しにもなるように、レンジ部分には壁を付けました。キッチン背面のたっぷり入る造作収納や、続きの家事コーナーは奥さまのお気に入り。2人で動いてもスムーズ、物もサッと出し入れできるので、キッチン周りをいつもスマートに保つことができます。

おまかせ正解!
ナチュラル&カジュアルなLDK

リビングの壁面は、湿度調整の機能性も高く、ナチュラル質感の珪藻土による塗り壁。ドアや壁の一部にはイエローやブルーなどのビビッドなカラーを採用しました。ぬくもりを感じさせる暖炉にあるのは、じつは普通のFFストーブ。「色やデザインなどもすべておまかせでしたが、こんなに素敵になるなんて思いませんでした!」と、Sさまご夫妻にもお喜びいただけました。

ワーキングコーナーも造作で
使いやすく充実

1階にはご夫妻の書斎とWC付きの寝室、そして子ども部屋を設けました。「書斎には、コンピューターを2台置ける特注のデスクを」というリクエストに、大きさと配置で工夫をしています。隣家に面していた出窓は、高い位置の四角い窓に変更しました。壁面の出っ張った部分はカウンターとして利用しています。

見えない構造部分こそ確実に、
暖かく快適な家に変身

子ども部屋には収納をたっぷりと。キッチンの造作収納なども含めた収納力や使い勝手の良さにもSさまからのご評価をいただいています。写真の右上にあるのは通気口で、クローゼット、そして寝室へと風が流れる設計です。長い間、ご家族が快適に過ごすためには、目に見えない部分がじつは大切。特に老朽化していた家だったため、やせていた柱は補強し、梁は一部に鉄骨を入れて、床組みもやり直しました。さらに床下や壁などには十分な断熱を施し、窓を取り替え、屋根の板金や配管も新しくしています。暮らしやすく、センスが良く、暖かくて快適な家に生まれ変わったSさま邸。「リフォームって、すごい!」の言葉にも感動が満ちていました。

BEFORE