新築・リノベーション事例

全国リフォーム優秀賞受賞、機能とデザイン性を備えた家

長期優良住宅への
リノベーションで安心の家に

K様邸は木造の平屋。20年前に購入した中古住宅で気に入っていましたが、築30年ほどになり外壁や屋根の傷みが目立ったため、リフォームを考えました。初めは修繕が必要な個所だけでとお考えだったそうですが、当社がご提案した耐久性が高く、健康で安心な暮らしが営める長期優良住宅へのリノベーションプランを気に入ってくださり、さまざまな会社の中から当社をお選びいただけました。リビング・ダイニングは構造上外せない柱を化粧梁と合わせて、木の質感あふれる空間になっています。

洗練されたデザインで
収納力もたっぷり

長期優良住宅の基準を満たすリフォームは、補助金が受けられるのもメリットです。K様がお悩みだったのは、お子さまの成長に伴って物をしまう場所が足りなくなってきたこと。そこで収納スペースの増築を行ったほか、生活に合わせてさまざまな所に収納を設けました。和室はリビング続きの小上がりスペースに変更。下部は収納スペースとして利用、一見分からないような、たっぷり入る壁面収納もあります。さらに、家族皆さまの持ち物が置けるウォークインクローゼットも設けました。

毎日のことだから、
使いやすい快適キッチン

キッチンは以前よりも広く、使いやすくなりました。
お仕事をお持ちの奥さまが家事を効率的にすすめるため、キッチン背面の奥にはパントリーや食品庫。壁とサイドのニッチは奥さまのご希望でした。キッチン正面のニッチにはスパイスなどを置くことで、ワークトップの上をいつもすっきりと使うことができます。インテリアの好きな奥さまは、さまざまなアイディアをお持ちだったため、それが生かせるようなアドバイスをさせていただきました。

コンパクトでも機能的なユーティリティー

洗濯したリネンや下着はユーティリティーに収納することで、家事の効率化をはかりました。また、洗面化粧台の右側には壁に鏡を設けたメイクコーナーを造って、忙しい朝でもご家族にゆとりのある空間となっています。

あえて見せる、アンティーク調の手洗い器

トイレに手洗い器のスペースがなかったため、ホール側に設置しました。アンティーク調の“見せる”コーディネートで、ホールのおしゃれなアクセントになっています。K様邸は、2016年の日本住宅リフォーム産業協会(ジェルコ)リフォームデザインコンテストで優秀賞を受賞。K様のご要望やアイディアをいただきながらつくり上げた家が、全国的にも評価していただけたと思うと私たちの喜びもひとしおです。

キッチンから書斎スペースを見たところ

和室の収納開けたところ

パントリー

玄関のたっぷり収納と念願の輸入ガラス


部屋として独立して設けたウォークインクローゼット

 

UA値(外皮平均熱貫流率):0.29W/m2K  C値(気密性能):0.8cm2/m2

AFTER

BEFORE