新築・リノベーション事例

中古物件探しから二世帯住宅へのリノベーションをサポート

駅近の希望エリアに4世代が暮らしたい

駅の近くで駐車スペースも確保、日当たりも良い立地に予算内でマイホームを・・・。そんな願いをかなえた北広島市の二世帯住宅です。小さなお子様とご両親、シニアのご夫婦、そしてお母様まで4世代6人が住む家には、広さが不可欠。物件探しのお手伝いから設計・インテリアのご提案まで、設計士とプランナーが家づくりをサポートする当社を評価いただき、家づくりが始まりました。ご提案した二軒目の中古住宅で、増築を含むリノベーションを行うことが決まり、何回も綿密に打ち合わせして、ご家族の理想をかたちにしました。

2階の子ども世帯スペースは増築で広々、使いやすく

2階は、若世帯の居住スペース。奥さまの身長に合わせて設けたアイランドキッチンからは、ダイニングにリビング、さらにその先のフリールームまで見渡すことができ、お子さまの様子がよく分かります。ご希望のシーリングファンは天井を10cm高くして付けました。

増築部分のダイニングから見える窓は、いすに座った時に景色がきれいに見える高さを計算して設計しています。

収納の棚までご希望を生かした設計

若世帯スペースのトイレは、リビングと同じアクセントカラーを配しました。親世帯のリビングにも同じカラーがアクセントで使われていて、引き締まった色がご家族のお気に入りです。主寝室には、あらかじめ入れるものを想定して棚の高さも調整したウォークインクローゼットも設けています。

トイレの位置にも配慮した、安心のバリアフリー設計

親世帯とお母さまの居住スペースとなる1階は、広々とのびやかな間取りを希望されました。リビングルームの窓は、大きさと位置を変えて設置したことで、より明るく開放的な空間に。寝室はご夫妻とお母さまが使う二室を設け、お母さまの寝室の隣にトイレを配置して、動きの負担を減らす工夫もしています。愛用してきた洋だんすなどをそのまま利用し、収納スペースを減らすなど、これまでの暮らしを生かす面も。

親世帯キッチンも対面カウンター式。
フロアの段差もなく、手すりを随所に設けたバリアフリー設計で、高齢者はもちろん、小さなお子さまにも安心の家になりました。

公的審査で認められた家だから安心、うれしい補助金も

「国の補助金のための審査も受けているので、断熱や耐震性など目に見えない住宅性能にも安心感があります」と奥さま。「冬が暖かいのがとてもうれしい。そして夏もここは風がよく通るので涼しくて気持ちがいいんです。大満足のマイホームですよ」と話してくださいました。プライベートを保ちながらも家族で助け合える、程よい距離感の二世帯住宅になりました。

Q値(熱損失係数):1.24 W/m2K   C値(気密性能):0.3 cm2/m2

AFTER

BEFORE